前へ
次へ

英語学習に苦しめられた経験を基に

自分にとって英語学習は鬼門でした。
高校に入った途端に理論が始まり、先生が何を言っているのかちんぷんかんぷんであっという間に落ちこぼれてしまったのです。
高校の英語教師はイディオムの学習に力を入れていて、度々ミニテストを行って習熟度を測っていました。
こんなものがどう役に立つのかをわかりかねていたので、ただ暗記をすることが面倒になりました。
しかしながら、英語を使って仕事をするようになると、高校時代のイディオムの学習がじわじわと役に立つのが理解できるようになったのです。
実際に英語を使えるようになってわかったことは、一部の化石になって使われなくなったイディオムを除き、ネイティブでも使用しているということです。
これは英語を話す上で基本中の基本なので、いくらあんきであっても高校時代にマスターしておいてよかったと感じています。
高校の英語学習は、将来英語を使って仕事をするならば、かなり重要になってくるのです。

Page Top