前へ
次へ

英語学習は隙間時間がベスト

英語学習はじっくりと時間を取るよりも隙間時間を見つけてちょこちょこ行うのに向いています。
数学などはじっくりと時間をかけて取り組む必要のある科目ですが、英語学習は語学なので時間をかけすぎると頭が疲れてしまいます。
また、単語を一つ覚えるのにも、何分も長々と見ていても覚えるものではありません。
数秒で一度覚え、数日のうちにまた同じ単語を見て覚えて、それを繰り返していくのが英語学習です。
通勤や通学の数分でも、忘れないための反復学習には十分な時間だと言えます。
長文の読解についても、長く時間をかけていては意味がないですし頭も疲労してしまいます。
通学通勤時間の数分をリミットにして「駅に着くまで集中して読み、意味を掴む」などの訓練はかなり有用です。
その後、落ち着いた時間が取れるときに語彙や文法を確認したり、辞書を引いたりすると良いでしょう。
隙間時間の短時間で集中することで、試験にも強い英語力が身につきます。

Page Top